今すぐお金を借りる方法!最短即日融資カードローン4選

今すぐお金を借りる方法を知りたい人の為に、最短即日融資が可能なカードローンを4つご紹介します。どれも大手のサービスですので安心して利用することができます。

プロミス
カードレス+時間のない

プロミスレディース

金利
4.5%~17.8%
ここがオススメ
最短1時間融資可能
はじめてなら30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
学生、主婦でもパートやアルバイトによって安定した収入があれば申し込み可能
女性専用窓口有り(サービス内容は同じです)
担保、保証人不要
基本情報
プロミスの魅力は最短1時間融資と30日間無利息です。

大抵のカードローンは最短即日融資ですが、プロミスはさらに早い1時間融資です。

30日間無利息のサービスはプロミス以外にも提供しているところもありますが、大抵は契約日から30日間無利息になるというもので、契約後、しばらくお金を借りない期間があっても自動的に無利息期間を消化してしまうというデメリットがあります。

しかし、プロミスは初回借入日から30日間無利息になりますので、契約後のお金を借りていない期間に無利息期間を消化してしまうことがありません。

カードローンを選ぶ際に重要なスピードと金利のどちらにおいても、プロミスは他社と比較して優位性があるといえます。

当サイトからの申込者数も圧倒的NO.1です。

三井住友銀行グループのサービスですので、安心して申し込んでください。


SMBCモビット
300x250 オリコンバナー
金利
3.0%~18.0%
ここがオススメ
最低金利3.0%~
即日融資も可能(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)
10秒簡易審査
三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかがあればWEB完結可能
WEB完結なら電話連絡なし、郵送物なし
基本情報
SMBCモビットはSMBCグループの会社ですので安心して利用することができます。

一番の特徴は、身内や会社の人などに、お金を借りたことがばれにくいという点です。

WEB完結手続きをすれば、電話連絡や郵送物が一切ないので、バレてしまうリスクを大幅に減らすことができます。

また、カードローンなのにカード無しでもお金を借りることができますので、財布の中にあるカードが見つかってしまうという心配もありません、

その他、最短即日融資が可能で、申し込み時の入力項目の数も他社消費者金融の半分程度ですので、素早い申し込み、素早い審査にも定評があります。

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

アコム
金利
3.0%~18.0%
ここがオススメ
最短即日融資
審査回答は最短30分
利息手数料は利用日数分のみ
初めてなら30日間無利息
基本情報
アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループに属するサービスですので安心して利用することができます。

審査回答は30分と早く、最短即日融資も可能です。

利息については初めての利用なら30日間無料になるだけでなく、利用日数分しか利息手数料を取られないので、金銭面で考えれば比較的お得なカードローンといえそうです。

アイフル
アイフル
金利
3.0~18.0%
ここがオススメ
即日融資も可能
最短30分で審査回答
はじめてなら最大30日間無利息
誰にもバレずにカードの受取ができる
基本情報
アイフルはすでに最短即日融資、審査回答最短30分とうたっていますが、さらにお急ぎの場合は、ネット申し込み後にフリーダイヤルに連絡をするという方法があります。

この方法なら、100%かどうかわかりませんが、優先的に審査をしてもらうことができ、お金を借りるまでの時間をさらに時間短縮ができる可能性があります。スピード重視で選ぶなら、この方法でお金を借りることも選択肢になってくるでしょう。

カードレスで利用することもできますので、その場合には郵送物が無い為、バレる心配がなく、安心して利用できます。


ここでは、今すぐお金を借りる必要がある人の為に、審査回答や融資までの期間が比較的短くて、最短で即日融資も可能なキャッシング、銀行カードローンなどのサービスを紹介しました。

いまご紹介したのは、は有名な大手のサービスばかりですので、安心してお金を借りることが出来ます。ここで紹介してた方法やサービスの中から選んで頂けると、安心安全、良心的な金利や返済期間でお金を借りることが出来ると思いますので、ぜひご活用ください。

個人融資などのお金を借りる方法もありますが、消費者金融や銀行カードローンが今のところ一番無難な選択肢といえます。その他のお金を借りる方法を全否定はしませんが、思わぬ危険に巻き込まれる可能性がある方法だということは頭に入れておきましょう。

大手の銀行カードローンでお金を借りる

後ほど地方銀行等のカードローンについても早見表でご紹介しますが、ここでは大手の銀行カードローンの商品概要について簡単にご紹介します。

銀行カードローンは低金利なのが魅力ですが、即日融資は難しいことが多いので、スピード重視なら消費者金融を利用しましょう。

三井住友銀行カードローン
バナー画像掲載予定
金利
4.0~14.5%
ここがオススメ
・口座が無くても申込可能
・全国ATMでのご利用可能(イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATM、ゆうちょATM)
・担保、保証人不要
オリックス銀行カードローン
バナー画像掲載予定
金利
3.0~17.8%
ここがオススメ
・返済は月々7000からでOK
・1000円単位でのお借入可能
・ATM利用手数料無料
・おまとめ、借り換えOK
・来店、口座開設不要
・担保、保証人不要
みずほ銀行カードローン
バナー画像掲載予定
金利
エグゼクティブプラン:3.0%~7.0%
コンフォートプラン:3.5%~14.0%
ここがオススメ
・エグゼクティブプランなら最大7.0%の低金利
・来店、郵送扶養
・WEB申込可能
ジャパンネットバンク銀行カードローン
バナー画像掲載予定
金利
2.5%~18.0%
ここがオススメ
・2.5%~18.0%
・初回借入日から何度でも30日間無利息
・10万円~1000万円まで融資可能
・担保、保証人不要
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
バナー画像掲載予定
金利
4.6%~14.6%
ここがオススメ
・1000円単位のお借入可能
・提携コンビニATM手数料無料
・返済サポート付きだから安心
・使い道自由(事業性資金を除く)
・担保、保証人不要

関連|銀行でお金を借りる!銀行カードローン120種以上の金利まとめ

実質年率で選ぶ方法

実質年率を比べてみました

実質年率 無利息期間
プロミス 4.50%~17.80% 初回借入日から30日間無利息
アコム 3.00%~18.00% 契約翌日から30日間無利息
SMBCモビット 3.00%~18.00%
アイフル 3.0%~18.0% 契約翌日から30日間無利息
三井住友銀行 4.00%~14.50%
オリックス銀行 3.50%~12.48%
みずほ銀行 3.0%~14.00%
ジャパンネット銀行 2.50%~18.00%
三菱UFJ銀行 4.60%~14.60%

口座開設と来店の有無で選ぶ方法

口座開設と来店の有無を比べてみました

口座開設 来店
プロミス 不要 不要
アコム 不要 不要
SMBCモビット 不要 不要
アイフル 不要 不要
三井住友銀行 不要 不要
オリックス銀行 不要 不要
みずほ銀行 必要(同時開設) 不要
ジャパンネット銀行 必要(同時開設) 不要
三菱UFJ銀行 不要 不要

お金を借りる前に準備しておくべきもの

お金を借りる前に準備しておくべきもの

いろいろな事情でお金を借りる必要が出てくると、キャッシングやカードローンは強い味方となります。全国各地に消費者金融カードローン自動契約機が設置されていますし、インターネット上でも簡単に申し込み手続きを済ませる方法もあります。しかも、申し込みをするとすぐに審査がなされて、お金を借りることができるかどうかすぐに分かりますので、待つことなくカードローン審査結果を知ることができます。そしてすぐにお金を借りることができ、早いところでは申し込んだその日のうちにお金を借りれるのです。こうした便利な申し込み手続き方法を最大限活用するためには、申し込みにあたって必要とされるものを事前に揃えておくことが肝心です。

キャッシングでお金を借りる際に必要なものとして、いくつかの書類を挙げることができるでしょう。基本的には、本人確認書類などが求められる方法が多いでしょう。本人確認書類とは、運転免許証やパスポートが主なものです。この書類は、申し込み者の自宅を確認したり、本人の名前をチェックするためのものです。どのキャッシングローンの申し込みにも必要となるものですから、手元に用意してすぐに提出できるようにしておきましょう。

お金を借りる為のもう一つの書類としては、収入証明書が挙げられます。本人の収入がいくらくらいあるかを証明するもので、返済能力を確認するために必要となります。どのような書類を求められるかというと、源泉徴収票や給与明細など勤め先の会社から受け取っているものが代表例となっています。役所での作成が必要ですので、発行には少し手間がかかります。

収入証明書の提出に当たっては、最新のものを準備することを忘れないようにしましょう。前年度の書類でないと、正確に返済能力を計ることができませんので、提出しても最新版の再提出を求められることになるでしょう。本人確認書類はどのキャッシングサービスでも必要となります。また、申し込み手続きをした後に、必要な場合にのみ提出を求められることがあります。その際には、さらに審査まで待ち時間がでてきますので、注意が必要です。

こうした書類がキャッシングの申し込みに必要となりますので、自動ローン申し込み機などで手続きをしたいのであれば、忘れずに持参するようにしましょう。もし、書類が不足していると、手続きがそれ以上進まず、融資まで時間がかかってしまいますので、事前に何が必要かをそれぞれのローン会社のホームページなどでチェックしておきましょう。

関連|キャッシングをしてお金を借りる際に要るもの

関連|所得証明の発行方法はお金を借りる前に知っておこう

お金を借りれるかの分かれ道!審査方法やどこを見られているのか

お金を借りれるかの分かれ道!審査ではどこを見られている?

キャッシングを申し込んでも、お金を借りるのは不可能だと通知がくることがあります。すべての人がお金を借りることができるわけではありませんし、1つのキャッシングプランで審査にパスしても、他のカードローンではダメだということもあります。そのため、審査がどのように行われているかを知っておくと、参考になるでしょう。

キャッシング・カードローンの申し込みでは、申し込み者の情報を登録する必要があり、自宅の住所や連絡先、職場の情報などを記入します。審査の際には、こうした情報のチェックを行います。申し込みと同時に運転免許証などの本人確認書類の提出がなされますので、記入した内容と合っているかどうかを確認します。自宅や連絡先の内容が正しいかを調べるために、電話を直接かけてチェックすることもあります。

そして、職場に在籍確認を行う金融機関もありますので、プライバシーを守りたいと思っているのであれば、お金を借りる予定があることバレないように注意が必要です。最近では、多くのローン会社が在籍確認の電話連絡をしないようになっていて、できるだけ職場の人に分からないように配慮を払っています。

こうした本人確認を行うと同時に、返済能力のチェックを行います。それには、収入を知るための書類の提出を求めてくることがあります。会社員であれば、給与明細書や源泉徴収票を確認して年収をチェックします。自営業者や複数の仕事をしているのであれば、課税状況を知ることができる書類が必要となります。これらの証明書によって年収を知ることは、総量規制の範囲を知るのに重要です。総量規制とは年収の3分の1以上はお金を借りることができないという制度で、年収によって融資可能額が変わってきますので、正確に年収を明らかにする必要があります。

これによって、返済能力がどのくらいあるかを審査して、融資限度額が決定されます。時には、年収が低いとお金を借りるということができないという結論に至ることがあります。こうした審査は本人からの書類提出によってチェックがなされますが、他にも金融取引の履歴を知るための審査があり、これは信用情報機構という機関に照会をすることによってなされます。今までどこにどのくらいのお金を借りているか、現在いくらの借入金があるかが分かるのです。

主な信用情報機関にはCIC日本信用情報機構一般社団法人全国銀行協会などがあります。

この取引履歴のチェックは審査の中でもとても重要で、債務不履行などの、いわゆるブラック扱いになっていると、かなりキャッシングの利用が難しくなります。このように複数の審査があり、それぞれに意味がありますので、参考にすると良いでしょう。

関連|審査では何を基準にお金を借りれる判断するのか

消費者金融でお金を借りる方法の良いところ・悪いところ

消費者金融の良いところ・悪いところ

お金を借りる際の大きな2つの選択肢として、消費者金融のカードローンと銀行のカードローンが挙げられます。どちらにもメリットとデメリットがありますので、双方のポイントを押さえつつ、より自分に合ったプランを選ぶようにすると良いでしょう。消費者金融カードローンでお金を借りるメリットには、手続きの簡単さがあります。全国各地に自動契約機がありますので、どこにいても気軽に申し込みができます。

また、インターネット上での申し込みもとても便利で、簡単な内容を入力するだけで、カードローンの申し込み手続きを完結させることができます。また、会社によっては専用のアプリを設けていて、スマホなどでさらに簡単に申し込みや、様々な手続きを行うことができるのもうれしいところです。

さらに、申し込み者のプライバシーを配慮するなど、細かな点にも気を遣っているというのもメリットの1つです。基本的には、申し込み内容の情報を確認するために、自宅や職場への電話チェックを行うことが多いものですが、会社の中にはこうした電話確認を行うことなく手続きを進められるようにしているところがあります。

電話連絡によって、家族や職場の人にローン利用がバレてしまうということもありますので、こうした配慮はとてもうれしいものです。また、こうした手続きの簡素化によって、より審査が早く進むというメリットもあって、すぐに借入金が必要な方には好都合です。

一方、消費者金融でお金を借りることには、デメリットもあります。その1つが金利の高さです。銀行カードローンでは、最高金利が15パーセントくらいが多いものの、消費者金融カードローンでは17パーセントくらいになることもありますので、お得感という意味では銀行に負けてしまいます。もちろん、1週間無利息や30日間無利息ローンなどの特別なサービスもありますので、上手に使うことでお得に融資を得ることができます。

また、消費者金融では利用するのに不安感を覚えるという人もいます。消費者金融会社の名前が書かれた郵便物などが届くと、自宅で一緒に住んでいる家族にカードローンの利用がバレる可能性が高くなることは確かです。もちろん、利用者のプライバシーに配慮して、郵便物を送付しないなどの取り組みをしているところもありますので、しっかりと会社を選べば問題ないでしょう。

このように、気軽に申し込むことができるのが魅力の消費者金融のサービスですが、金融商品の根幹を成す金利などにデメリットがあります。そのため、お金を借りる際には事前にしっかりと検討して、返済プランを立てることが肝心です。無理なく完済できるように、シミュレーションをすると良いでしょう。

関連|お金を消費者金融で借りた時の一般的な金利

関連|お金を消費者金融で借りるメリットとデメリット

関連|消費者金融と闇金の違いについて詳しく

ちなみに、消費者金融といっても数多くの業者があり、中には法定金利を守らない違法業者や届出をしていない悪徳業者が紛れていることもありますので注意が必要です。

安全な消費者金融を選ぶには、日本貸金業協会に登録されているかどうかと、法定金利内に収まっているかどうかを確認することです。

法定金利については、利息制限法グレーゾーン金利について知っておくと、より安心です。

万が一、悪徳業者との関係を持ってしまった場合は、法テラスなどで過去の事例を調べたり、法律相談してみるといったことが出来るということを知っておくと良いでしょう。

銀行カードローンでお金を借りる方法の良いところ・悪いところ

銀行カードローンの良いところ・悪いところ

消費者金融でお金を借りるよりも、銀行のキャッシングサービスを使った方が良いと考えて利用するも多くいます。それだけ銀行でお金を借りるメリットは大きく、返済を楽にすることができるのです。いくつかのメリットがありますが、なんと言っても金利が安いというのが一番でしょう。

消費者金融の場合だと、最大で18パーセント程度の年利が設定されることがありますが、銀行だとそこまで高いものは少なく、15パーセント程度に抑えられています。さらに、融資金額によっては10パーセント以下の年率が課されることもあって、かなりお得にローンを利用できるという利点があります。

総量規制の対象とならない為、融資限度額も大きく、1000万円までお金を借りることを可能としているところが多いと言えます。お金を借りる金額が大きくなるほど金利は低くなりますので、どのくらいの資金が必要かを把握した上で、効率よくローンできるように計画すると良いでしょう。

融資できる金額が大きくなりやすい点も関係しているかもしれませんが、一本化、おまとめローンなどに強い銀行も多いです。消費者金融でおまとめローンを訴求しているところは少ないので、この辺りは銀行に軍配が上がります。

銀行カードローンでお金を借りるデメリットを挙げるとすれば、手続きが若干複雑になることがあるという点でしょう。多くの銀行では、カードローンでお金を借りる為には、その銀行の口座を持つことを条件としています。もちろん、キャッシングの申し込みと同時に行えるのですが、持つ必要のない銀行口座を抱えることになりますし、少し手続きが増えることもあります。

さらに、審査が厳しくなることもあるというのが銀行のキャッシングのデメリットでしょう。消費者金融ではお金を借りられるのに、銀行ではお金が借りられないこともありますので、注意が必要です。

このように、金利の低さや融資限度額の高さなどにメリットがあり、カードローンそのもので考えると利用価値が高い銀行のサービスですが、少々手間がかかるなどの手続き上のデメリットもあります。すでに口座を持っている銀行でカードローンを提供しているのであれば、より申し込みが楽ですので、どんなプランがあるか確認してみると良いでしょう。

関連|お金を銀行から借りた時の一般的な金利

関連|お金を銀行で借りるメリットとデメリット

お金を借りるを英語にすると?

お金を借りるを英語にすると?

お金を借りると翻訳ソフトで英語にしてみると「To borrow money」となります。レンタルやレンタカーの「rent」かと思いきや英語にしてみると「borrow」を使うのは意外ですね。

お金を借りる方法

お金を借りる方法

お金を借りる方法はたくさんありますが、一般的なのは消費者金融・銀行・クレジットカード・身内や友達などから借りるといった方法があります。身近な人などから借りると、場合によっては利息はいらないと言ってくれるかもしれませんが、人間関係が崩れる危険性があるので、利息を払ってでも企業が提供しているサービスを利用する方法の方がよいでしょう。

お金を借りる彼氏、男ってどう?

お金を借りる彼氏、男ってどう?

彼氏や好きな男にお金を貸してほしいと言われると嫌われたくないという理由で貸してしまう女性も多いです。急なけがや病気等なら仕方がない部分もありますが、お金の管理が出来なくて借りるとか、遊ぶために借りようとする彼氏や男はクズですので貸さなくてもいいですし、そんな彼氏なら嫌われて結構だというスタンスで行きましょう。

お金を借りる方法として、人は誰がいい?

お金を借りる人は誰がいい?

どんな人にお金を借りるのがいいかという質問を頂くときがありますが、基本的には人よりも企業が提供しているサービスを勧めています。消費者金融や銀行、クレジットカードなどの方がよいです。人にお金を借りると、人間関係が崩壊するリスクがありますし、返せなかった場合アあなたの信用がガタ落ちになります。

お金を借りる理由や利用方法はなんて言う?

お金を借りる理由はなんて言う?

誰かにお金を借りる時にどのような理由を伝えればよいか。融資を頼むということはそれなりに信頼関係のできた人だと思われますので、理由は正直に話すべきです。信頼関係ができている人であれば、アナタが正当な理由で本当に困っているのであれば、誠実な対応をしてくれるでしょう。もちろん相手にお金が無くても何かしらの力になってくれるかもしれません。

嘘をつかなければならないような理由で信頼できる人にお金を借りようとするのは人として最低です。

郵便局でお金を借りる方法

郵便局でお金を借りるには

郵便局というよりはゆうちょのカードローンがあるのでこういったものを活用すると良いでしょう。郵便局でゆうちょの銀行口座を作ると一緒にカードローン、もしくはキャッシング機能付きのクレジットカードを勧められることもあります。比較的限度額も大きかったと記憶しているので郵便局に出向く機会があればついでに確認してみましょう。

即日審査なしでお金借りる方法は?

即日審査なしでお金借りる方法は?

審査なしで即日お金を借りる方法が無いわけではありませんが、その方法は個人融資掲示板などに限られます。そもそも即日審査なしを探している人は、通常の消費者金融などで審査に通らない人ですから、掲示板などでも法外な金利や法外な取り立てをされるリスクが非常に高くなります。

融資を受けることよりも、そのような状況に追い込まれてしまう原因を突き止めて改善する努力をすることが先決でしょう。

お金借りる金利が安い方法は?

お金借りる金利安いが安いのは?

お金を借りるときに金利が安いかどうかは非常に気になるポイントです。金利を安く済ませたいのであれば、消費者金融よりも銀行で借りる方がいいです。銀行のほうが多少審査は厳しめなものの金利は数%単位で安いので銀行がおすすめです。また、信用があるのであれば大きな金額を借りた方が金利のパーセンテージは低くなり結果として安い金利で済ませることができます。

ただし、例外として、消費者金融は30日間無利息といったサービスを付けていることが多いので、お金を借りて1カ月以内に返済できるなら、金利が安いどころか無料になるので、その場合は消費者金融を選んだ方がよいでしょう。

お金借りる審査通らない理由と通す方法は?

お金借りる審査通らない理由

審査に通らない理由はいろいろありますが、一番多いのは信用が足りないということでしょう。年収が低いとか勤め先がどうとか、他社での借入、ブラックリスト登録の有無など返済能力に関する部分です。それ以外で審査に通らない理由を挙げるとすれば、貸し手側が求めているユーザー層とのズレも考えられます。主に学生など若年層をターゲットとした小口融資が中心のサービスに50代の男性が申し込んでも難しいものがあります。逆もまたしかりです。

これから融資を申し込む予定の消費者金融や銀行がどのような人をターゲットにしているのか、わかる範囲で結構ですので事前に調べておくとだいぶ結果は変わってくるでしょう。

無職が今すぐお金借りる方法は?

無職が今すぐお金借りるには

お金を借りる為には返済能力が重要で、安定収入があることが求められます。無職の方は収入がないので基本的にはお金を借りることができません。

ただし、例外として専業主婦などは無職ですが、夫の収入がある為、銀行のカードローンなら配偶者貸し付けという制度を使ってお金を借りることができます。

また、年金受給者も安定的な年金収入があるので、貸し出し可能な銀行もあります。

銀行でお金を借りる方法は?

銀行でお金を借りるなら?

銀行は消費者金融と違って地方の中小規模だからといって極端に粗悪なサービスになることはないでしょう。ですので、基本的にはどこで借りても良いのですが、出来れば大手銀行のほうが細かいサービスは行き届いていますから利便性は高いと言えるでしょう。

学生が今すぐお金を借りる方法は?

学生が今すぐお金を借りるなら?

学生の場合は学生ローンなどもありますが、一般的な消費者金融でもお金を借りることができます。銀行だと学生に貸してくれるところと貸してくれないところが半々くらいの印象ですが、消費者金融であれば比較的柔軟に対応してくれることが多いです。

とはいえ、安定収入が必要ですので、何かしらのパートやアルバイトをして毎月入ってくる安定的な収入源が必要になります。

主婦がお金を借りる方法は?

主婦がお金を借りるなら?

専業主婦は無職ですので、安定収入もありませんから、返済能力がありません。しかし、夫が定職についていて安定的な収入があれば、配偶者貸付という制度を利用して専業主婦でもお金を借りることができます。

この配偶者貸付を使うには銀行で借りることになります。

また、主婦はお金を借りることを旦那に隠したいケースが多いですが、さすがにそれは厳しいといえます。

関連|無職がお金を借りる方法、無収入でも銀行から借りれる?など

ブラックが今すぐお金を借りる方法は?

ブラックが今すぐお金を借りるには?

ブラックでもお金を借りることは確かにできます。大手の消費者金融などでは難しいですが、中小の消費者金融であれば対応してくれるところもあります。ただしそれ相応のリスクは伴います。

もちろん、法外な金利を吹っ掛ける闇金は除外するとしても、適法な金利の消費者金融であっても、ブラックの方は信用がありませんので、かなり厳しい取り立てをされる覚悟はしておきましょう。

お金を借りるという選択肢もありますが、ブラックになる方は日ごろの出費を見直すなどして借金をしなくてもやりくりができるようになる為の努力もすることが大切です。

関連|【18社掲載】ブラックがお金を借りるなら中小消費者金融の方が高確率

お金借りる言い訳の方法は?

お金借りる言い訳は?

誰かにお金を借りるときには理由を聞かれると思いますが、「言い訳」という言葉を使う時点で相手を騙す気満々のようで関心致しません。

言い訳として使うなら仕事は一生懸命頑張っていたけどリストラされたとか、急な事故や病気を理由にすれば一定の道場はしてもらえるかもしれませんが、日頃の態度次第では言い訳もバレてしまいますし、まじめに相談に乗ってくれている人にも失礼です。そういった心優しい方のお気持ちを言い訳で塗り固めて、蔑ろにしてしまうのはよくないことでしょう。

お金借りるならどの方法がおすすめ?

お金借りるならどこがおすすめ?

お金を借りる方法は山ほどありますが、おすすめはやはり大手の消費者金融です。大手の消費者金融なら銀行のグループ企業になっているところも多く安心して利用することができます。銀行のグループであっても銀行とは特色の違うサービスを展開しており、スピード感があるのがおすすめの理由です。また消費者金融の場合は30日間無利息というサービスが付いていることも多いので、これらもおすすめできる理由の一つです。

ちなみに、金利に関しては金利の高さだけでなく返済方式にも、トータルの利息に差が出ますのでそのあたりも良くチェックしてみましょう。

関連|残高スライド元利定額返済方式とは

これ以外にもいろいろなお金を借りる方法がある

当サイトで紹介しなかった消費者金融で有名処には、レイクALSA、中小だとアルコシステム・アロー・セントラル・トラブル・フタバ・ライフティなどの業者があります。

どちらでもいいですが、基本的には大手が運営・営業している方が安心感があるのは事実でしょう。

CMを打てるだけの経営体力があり、一般的な信用があるところを選ぶ方法もアリです。そのほかにも、インターネット上のランキングや口コミを参考にするという方法もあります。

ちなみに、闇金かどうかは貸金業法を厳守しているかどうか、法定金利で営業しているか、日本貸金業協会に登録しているかなどで、ある程度は判別が可能ですので覚えておくといいでしょう。

既にお金を借りすぎて借金地獄なら債務整理という方法も

もし多額の借金があり多重債務状態になっているのであれば、新たにお金を借りる方法ではなく、債務整理という方法があるということも知っておきましょう。債務整理には、個人再生や自己破産、任意整理など種類がありますので弁護士の無料相談などに出向くと理解が深まるでしょう。ちなみに、闇金(ヤミ金)から借りたお金は返済する必要がありませんので、それについても弁護士に相談するとよいでしょう。

失業してしまった人は失業給付を利用したり質屋を利用して、知事的な資金をまずは準備することをお勧めします。その上でどうしても生活資金を確保できなくなった場合のみ、お金を借りるという方法を最終手段として選びましょう。

もしどうしても、一時的な返済の忘れではなく、数ヶ月も返済が滞ってしまうようなら、収支のバランスが崩れている可能性があります。加入している生命保険の解約や見直しなども節約方法の一つとして検討しましょう。

もちろん必要な保証は残す必要がありますが、無駄な特約などは外してしまうのも選択肢の一つです。民間の保険会社に直接問い合わせて解約しても良いですが、ファイナンシャルプランナーに相談するという方法も選択肢として知っておきましょう。

失業してしまった人は失業給付を利用したり質屋を利用して、知事的な資金をまずは準備することをお勧めします。その上でどうしても生活資金を確保できなくなった場合のみ、お金を借りるという方法を最終手段として選びましょう。

現状、延滞が滞ってない人でも油断は禁物です。本来支払うべき返済額を支払うことができないと、延滞利率になってしまったり、最悪の場合はブラックリストに登録されてしまいますので注意が必要です。利息だけ払って元本が減らない状態はつらいですが、それでもブラック状態にならないように利息だけでも払い続けるのが原則でしょう。

借りたお金の使い道、利用方法に制限はある?

消費者金融の場合、個人事業主の事業性資金以外の個人向け融資であれば、一般的に使い道は自由です。医療費や引っ越し、海外旅行、冠婚葬祭、子供の教育支援、普段の生活費、生活に必要な資金などお好きな目的で利用可能です。ショッピングや新生活の為の家電購入や学校の学費、専門学校の入学資金、その他教育資金などもよくある理由としてあげられるものです。事業性資金の場合はビジネスローンを検討しましょう。

ビジネスローン以外のローンをご紹介すると、教育ローン、自動車ローン(車のローン)、住宅ローン、医療ローン、ブライダルローンなどがあります。教育ローンの場合は奨学金という選択肢も忘れずに。奨学金は返済が大変というイメージがありますが、確かに返済が滞り延滞利率になってしまうと苦しいですが、きちんと返済をしていればお得な金利水準ともいえるでしょう。

銀行と消費者金融はどちらの方法でお金を借りるのがいい?

100万円、200万円、300万円といった大きな金額を借りる場合は消費者金融よりも低金利の銀行カードローンでお金を借りる方法がおすすめです。

もちろん、例えばモビットの限度額800万円のように、消費者金融でも大きな金額を借りることはできます。しかし、金利のことを考えると高額な融資は銀行を選ぶのが無難です。1万円、5万円、10万円という少額を短期間で返済ができる場合は、消費者金融の無利子(利息0円)キャンペーンなどを利用するというのも一つの方法です。

また大手の消費者金融では、一般的には50万円以下なら大抵の場合は収入証明書が必要ないので、気軽に利用できるという意味でもやはり少額の借り入れなら消費者金融に軍配が上がるといっていいでしょう。

※銀行といってもメガバンクから地方銀行、信用金庫、さらには楽天銀行のネットバンクまで様々ですので、銀行からお金を借りる場合はよく比較しましょう。金利だけでなく、口座の必要性やローンカードの有無など比較すべきポイントは山ほどあります。

消費者金融でお金を借りるのに条件はある?

消費者金融や銀行のカードローンは年齢20歳~65歳までとなっているところが多く、若い人から高齢者まで間口が人いの特徴です。

ただし、お金を借りるには安定した収入を得る必要がありますので、現在無職の場合は、パートやアルバイトを始めるなり、自治体のハローワークで就職支援をしていますのでまずは職探しをすることが先決といえるでしょう。業界経験や実績が無くても人手不足の業界を狙えばいい条件の仕事が見つかることも珍しくありません。

行政や国など、公的機関からお金を借りる方法はある?

使える公的な仕組みや支援制度は最初から最後まで、出来る限り余すとこ活用しましょう。

「日本政策金融公庫」「社会福祉協議会」「生活福祉資金貸付制度」「福祉医療機構」などで調べると国や都道府県や市町村等の自治体などの公的機関からの融資について知ることができます。

お金を借りる方法や手順て難しいの?

借り方の申込みの手順や流れにコツなどありません。誰でも申し込めるくらい簡単申込方法ですから、この問題を解決するのに誰かの援助はいらないでしょう。

インターネットから申し込みをして、その後、本人確認書類を提出します。免許証などが一般的です。その後審査結果が伝えられ、無事審査を通過することができたらコンビニATMや銀行などで速やかに現金を借りたり、振込を受けることがことができます。

いくら無人だからと言って24時間365日営業しているわけではありませんので、PC(パソコン)やスマートフォンで営業時間は事前に確認しておきましょう。とはいえ基本的には平日、土日、祝日問わず営業していることが多いので、営業時間だけはしっかりと確認しておきましょう。

審査に落ちた場合、審査基準が公開されていない為、審査落ちの理由はわかりませんが、勤続年数や会社の従業員数なども審査項目の一つと言われることもありますが、この辺りは小手先でどうにかなるものではありません。

審査に落ちると、どうしても怪しい金融業者の「甘い審査!」といった謳い文句に靡いてしまいがちですが、そこはぐっとこらえて、希望を捨てずに一般的な消費者金融のフリーローンの審査通過を目指しましょう。

誰かがお金を借りる際に連帯保証人になってと言われたらどうすればいい?

親や親戚ならまだしも、友人などから連帯保証人になってくれと言われても基本的には断ることをお勧めします。トラブルの元です。